上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--





MGSが一息ついたので、また更新していきますよ~
キャラクターの苦痛の表情をどうやって表すかということについて色々試行錯誤していたら危ない性癖に目覚めそうになりました(元からなんですがね
詳しくはこちらのタンブラーをご覧ください ※R18


過激描写注意
(痛々しいです)


2015-06-21_00057.jpg
遭難した貨物船捜索のため、急遽救助部隊を編成することになったソリチュード衛兵たち
付近の海岸線を一日かけて探し回り、ようやく難破したアイスランナー号らしき船舶を発見したのであった
衛兵「こ、この死体は…」

2015-06-21_00058.jpg
衛兵「こいつら、帝国の兵士じゃありません このあたりに拠点を構える海賊どもでしょう」
ベアトリクス「そいつらは後回しよ 生存者は?」
衛兵「死体だけです 見当たりません」
2015-06-21_00059.jpg
ベアトリクス「(あのアルゴニアンとノルドの女の姿が見当たらない…)」
前日に見かけた怪しい二人組 証拠はないが、彼女の勘が犯人であると伝えていた
すでに逃げ出したのであろうか それとも、最初からここへは来ていなかったのか
ベアトリクス「船内の捜索に移りましょう」
2015-06-22_00003.jpg
内部を隈なく探し回ったが、生きているものは誰もいなかった
帝国兵、船員、そして海賊の亡骸が転がるだけのアイスランナー号
血と泥の入り混じった不快な匂いが船内を包んでいた
ベアトリクス「……妙ね、積荷と商人が見当たらない」
衛兵「まさか、すでに運び出されたとか」
ベアトリクス「そうだとしても、海賊の死体が少し多すぎるわ」
衛兵「分け前を巡って仲間割れでも起こしたのでは?」
2015-06-22_00004.jpg
衛兵「ところで、同行していた例の商人ですが、勝手に辺りをうろうろさせてよろしいのですか?」
ベアトリクス「放っておきなさい どうせ言っても聞かないから」
衛兵「はぁ…」





2015-06-06_00069.jpg
____数時間前_____
予定通り、アイスランナー号を座礁させ、積荷を略奪する海賊たち
そこへ一人の女が静かに歩み寄った
近くにいた男が彼女に尋ねる
海賊「灯台の火を消したのはお前か?」
ジョディ「そうよ」
男はニタニタと下品な笑みを浮かべて言った
海賊「よくやった ディージャは船内にいる 報酬は奴からもらうといい」
2015-06-21_00002.jpg
甲板には船員たちの死体が転がっていた
恐らく、この悪漢どもが皆殺しにしたのだろう
しかし、彼女にとってそれはどうでもよいことであった 
何食わぬ顔で船に足を踏み入れ、ディージャと呼ばれるリーダー格の人物を探す
2015-06-21_00005.jpg
ジョディ「アンタがディージャね ジャ・リ-ラから聞いてるわ」
船内の最奥にはアルゴニアンの女がなにやら積荷を漁っていた
ジャ・リーラとはジョディにこの仕事を持ちかけてきたアルゴニアンの男だ ただの山賊にしては中々頭が切れる人物で、今回の計画の首謀者である 信頼できるような男には見えなかったが、他に仕事がないのもまた事実であり、ジョディは計画の実行犯を引き受けたのだった
2015-06-21_00006.jpg
ディージャ「待っていたわ 流石は元闇の一党、今は盗賊ギルドの構成員だったかしら?」
2015-06-21_00008.jpg
ジョディ「昔の話よ それで、報酬は?」
金さえ手に入ればこんなところには用はない 積荷の行方にも興味はなく、すぐにでも退散する予定だった
2015-06-21_00009.jpg
ディージャ「報酬ならここにあるわ さぁ、受け取って」
ディージャがそう口を開くと、背後から音もなく男が忍び寄ってきた
2015-06-21_00012.jpg
男「遠慮なく受け取りな」
そのままジョディ目掛けて獲物を振り下ろす
2015-06-21_00016.jpg
男「ぐわぁああああ!!」
男の斧がジョディの体を切り裂くより一瞬早く、男の脇腹から鮮血が噴き出していた
ジョディ「全く、これだからアルゴニアンは嫌いなのよ」
2015-06-21_00019.jpg
ディージャ「残念だったわね 積荷は既に全部運び出した後さ」
さも当然のごとく裏切りの刃を向けたディージャたち 最初からジョディを利用するだけ利用して殺す算段だったのであろう
しかし、彼女たちの生きる世界ではこんなものは珍しくない まるで、最初から敵同士だったかのように刃を向け合う二人
2015-06-21_00018.jpg
ディージャ「せめて苦しまないように死なせてあげる」
鋭く尖った短刀がジョディの喉元目掛けて振り下ろされる
2015-06-21_00023.jpg
が、またしても一瞬早くジョディの剣がディージャの首を捉えた
頭を失ったディージャはそのまま膝から崩れ落ちた
2015-06-21_00066.jpg
ジョディ「ジャ・リーラ…私を騙すなんていい度胸ね……いつか必ず殺してやる」
2015-06-21_00026.jpg
2015-06-21_00028.jpg
騒ぎに気づいた海賊たちが怒号を上げて襲い掛かってくるが、蹴散らして進む
ジョディ「邪魔よ!」
ジャ・リーラへの復讐心を燃やすことよりも、まずは船から脱出するのが先だ
ジョディは船内を駆け上がり、扉を蹴破った
2015-06-21_00030.jpg
甲板にたどり着いたジョディは数人の男に取り囲まれていた
脱出するためには一度ここへ出るしかない 海賊たちは予め包囲網を敷いていたのだ
海賊「さぁ、今なら手足ぶった切る程度で許してやるぜ? どうするよ」
ジョディ「お断りよ さっさと退きなさい」
2015-06-21_00037.jpg
威勢よく戦いを挑んだのはいいが、四対一では分が悪い
遠距離から放たれる矢をかわしきることができず、肩に、腹に深々と突き刺さった
ジョディ「ぐっ…うぅ……」
2015-06-22_00019.jpg
海賊「おらぁ!死ねえ!!」
そして怯んだ所を一撃
体中が焼けるような熱さに襲われ、思わず膝をつきそうになるが気力で持ちこたえる
一人ずつ確実に剣で切り裂き、数を減らしていった
2015-06-21_00070.jpg
ジョディ「ハァハァ……うぅ…」
動くものがいなくなるまで戦い続け、勝利を収める頃には日が沈んでいた
出血は激しく、強烈な痛みと眩暈がジョディを襲う
しかし、休んでいる時間はない
2015-06-22_00023.jpg
兵士「おーい!誰か生きてるか!? いたら返事をしろ!!」
ジョディ「(…帝国兵? まずい)」
見つかれば確実に拘束される
良くて数年牢屋行き、悪ければ死刑で数日の間に首をはねられるであろう
残った体力を振り絞り、船から飛び降りる
2015-06-21_00074.jpg
海岸沿いを通って逃げることで、出血の跡を消して逃亡するジョディ
止血をしている暇もなかった 今はただ逃げ延びなければ その一心で足を動かした
2015-06-21_00042.jpg
しかし、当然それが長く続くはずもなくついに浜辺に倒れた
スカイリムの冷たい北風と海水が弱った体に容赦なく追い討ちをかける
再び立ち上がる力は残されていなかった
2015-06-21_00045.jpg
ジョディ「(寒い…もう……だめだ……)」
完全に死を受け入れたそのときであった
2015-06-22_00005.jpg
ジョディ「(…??)」
突然目の前に青白い光が照らされる
何が起こったのか確かめようと目だけを動かすが、眩しくて何も見えない
2015-06-22_00009.jpg
パキパキと氷を踏み割るような音が徐々に近づいてきた
青白い光によって視界は遮られているが、人の足音であると直感で悟った
ジョディ「(誰……?)」
2015-06-21_00053.jpg
チェシャ「ドロボーさん みっけ~♪♪」




次回、商人は海賊と再会する
お楽しみに~


スペシャルサンクス:廃人a様 (ベアトリクスさん)
今回もありがとうございます


 2015_06_22


最近は雨が続きますね 梅雨ってやつですね
ブログ更新するやる気でないです 




嘘です
本当は梅雨のせいではなくこれをやっていたせいです
だって面白いんだもん(開き直り

プレイ始めて3日ですが、ようやくハードのメインミッションをクリアできました 
2015-06-16_00027.jpg
やっぱ、MGSは神ってはっきりわかんだね



そんなわけで本編どうぞ





2015-06-06_00041 - コピー
オーロラが街を照らすソリチュード
昼間にぎやかな首都も日が沈めば人々は悪漢や吸血鬼を恐れ、外には出ようとしない
少女はそんな静寂が包む街の城壁に座り込んでいた
2015-06-06_00042 - コピー
ベアトリクス「突然いなくなったと思ったらこんなところにいたのね」
後ろから声が聞こえた 相変わらず軍人らしいはきはきとした口調だ
彼女は引き続き、チェシャの監視と護衛を行うよう命令されたようで、勝手に城を抜け出したチェシャを探しにここまで来た様子だった
チェシャは内心少しほっとした ベアトリクスに心を許したわけではないが、見ず知らずの軍人の男に見つかるよりはましだったからだ
2015-06-06_00043.jpg
チェシャは無言のままその体を少し右にずらした
「隣に座れ」ということらしい
その意味を理解したベアトリクスもまた口を開くことなく城壁に腰掛けるのであった




2015-06-06_00001.jpg
ソリチュード到着後、早速将軍に会うべくドール城を訪れたチェシャとベアトリクス
2人が奥まで進もうとすると、屈強な男たちが立ち塞がる
兵士「将軍は会議中だ 用があるなら後にしろ」

2015-06-06_00002.jpg
ベアトリクスはそんな男たちの放つ威圧感など軽くあしらいつつ応える
ベアトリクス「リストに載っているとかいう人物を連れてきたわ」
兵士「何、では後ろの女が例の脱走した商人か ならば通ってよし」
チェシャはぐるぐると首を動かして城の内装を見物していた そして許可が下りたことがわかるといきなり扉を勢い良く開けて叫んだ
2015-06-06_00008.jpg
チェシャ「こんばんは~チェシャ・マリティーナでーす」
2015-06-06_00009.jpg
突然の来客にざわつく城内
遠くにいた護衛の兵士が「何事だ!」と武器を取り出して駆けつけるほどであった
ベアトリクスが事情を説明することで何とかその場を落ち着かせることができたが、チェシャは兵士たちの厳しい視線を受けながらスカイリムを訪れた目的の一つであるテュリウス将軍との対談を迎えることとなってしまった
テュリウス「こんなに城内が混乱したのは暗殺者が入り込んだ日以来だぞ」
チェシャ「ご、ごめんなさい~」
テュリウス「…まぁいい、こうして無事にあえて何よりだ 私がテュリウス、そしてこちらはリッケ特使だ」
そういうと将軍は椅子へと腰掛け、その隣にはリッケと紹介された女性が机に手をつき、チェシャの顔を覗き込んだ
2015-06-06_00011.jpg
リッケは鋭い目付きでチェシャを睨み付ける その目は警戒心というより憎悪の感情が含まれていることをチェシャは直感で理解した
チェシャ「(ママが、「しょーぐんさんへの挨拶は大きな声でしなさい」って言ったからやったのになぁ・・・)」
リッケ特使「貴女のことは聞いているわ なんでも、城を勝手に抜け出してヘルゲンまで向かったそうね」
チェシャ「だ、だって…その方が早く会えると思ったんだも…ですもん」
リッケ「その後はホワイトランで数週間滞在 なぜすぐに首都に戻らなかったの?」
チェシャ「だ、だって、ヘルゲンがドラゴンに襲われたって聞いたから将軍がどこにいるかわかるまで大人しくしようと思ったの…ですの」
リッケ「では、一度ファルクリースへ向かったのは?」
チェシャ「…そ、それは、ホワイトランじゃ情報が入ってこなかったから近くの軍人さんに会いに行こうかなって……えへへ」
いきなりの質問攻めに戸惑うチェシャ これではまるで敵軍の捕虜のような扱いである
呆れた表情でリッケは将軍に提案する

リッケ「将軍、彼女を拘束すべきです こんな娘がスカイリム中をうろうろするなど危険すぎます」
チェシャ「ええ~!チェシャ何も悪いことしてないよ…ですよ」
テュリウス「うむ、私も同意見だが、友人の娘だ 今後はソリチュード内でのみ活動を許すということにしよう そうすれば安全だ」
2015-06-06_00014.jpg
チェシャ「ありがとー…ございます将軍!」
無論ソリチュードに留まる気などチェシャには毛頭ないが、拘束されるよりもましだ 
素直に将軍に感謝するふりをしつつ、話題をチェシャの処分からずらす
チェシャ「そういえば、しょーぐんさんに見せたいものがあるの…あります」
テュリウス「ん、なんだ?」
チェシャは満面の笑みを浮かべつつ、鞄の中身を取り出した
2015-06-06_00029.jpg
チェシャ「これはエオルンド・グレイメーンのクロスボウの設計図、こっちはヘルゲン周辺の山賊の拠点の地図だよ~」
2015-06-06_00018.jpg
チェシャ「この二つがあればヘルゲンの復興も早く進むし、内戦も有利に戦えると思うよ…思います」
チェシャは地図を見下ろした ファルクリースはシロディールとスカイリムを繋ぐ補給路だ 戦後のことを考えてもヘルゲンは必ず復興させる必要があるだろう 
リッケ特使「なるほど、あの巨匠がクロスボウを研究していただなんて知らなかったけれど、それがあればうちが今生産している武器の性能が上がるかもしれないわね それに、ヘルゲンの情報まで……」
チェシャ「だからよいお値段で買ってくれるとうれしいなぁ…なんて」
期待のまなざしを将軍へと向けるチェシャ 値段次第では、エオルンドへの投資を回収できるだけでなく大きな利益を得られるのだ
2015-06-06_00019.jpg
テュリウス「いや、必要ない」
そのはずだった…
テュリウス「今の戦力でも反乱軍など十分鎮圧できる ドラゴンという不安要素はあるが、一度はウルフリックを捕らえることにも成功しているし、内戦はじきに終結するだろう」
チェシャ「で、でも、ヘルゲンは…」
テュリウス「幸い、海路でも補給はできる ヘルゲンが壊滅したせいで陸路での輸送は厳しくなったが、戦闘に支障は出ないだろう それに街の復興など、軍の役割ではない」
チェシャ「で、でも…」
テュリウス「まぁ、ただで譲ってくれるというのなら受け取ってもよかったが、代価を要求するのであれば話は別だ 帝国軍にはそんなものに出資する資金は無いとだけ言っておこう」
2015-06-06_00023.jpg
チェシャ「えぇ……」
それから先のことは覚えていない
気がついたら城の外へ出て城壁に座り込んでいた
帝国軍を支援しつつ、利益を得るというチェシャの目論見が脆くも崩れ去った瞬間だった








2015-06-06_00044.jpg
チェシャ「おじいちゃんに投資したお金どうやって回収しよう…まさか買ってくれないなんて思わなかったよぉ……」
ベアトリクス「反乱軍にでも売りつけたらどう?」
チェシャ「反乱軍さんとは取引したくないの ていうか帝国軍の人が言うことじゃないよねそれ…」
ベアトリクス「私は別に貴女が奴らと取引しても構わないと思ってるわ 貴女がしたくないのであればしなければいい 他に方法があるのならね」
2015-06-06_00047.jpg
チェシャは再び黙り込んだ このまま設計図が売却できなければ大きな損失となる
そうなれば、交易で稼いできた利益もあっという間に赤字へ転落するのだ
ベアトリクス「…前々から思っていたのだけど、貴女は他の商人とは少し、いや、かなり違うわね」
チェシャ「うーん?」
ベアトリクス「交易で稼ぐだけではなく、武器開発の投資といい、荒廃した街の復興援助といい、とてもその場の利益目当てだけでやっているようには思えないようなものに目をつけている 貴女には何か別の目的があるように思えてならないわ」
チェシャ「うーん……それは……内緒」
もごもごと口を動かし、はっきりしない口調で答えた 明らかに何かを隠している
ベアトリクス「…貴女が何を考えているのかは知らない 私は商人でもないし、これ以上助言することも無いけど…あの設計図は何も軍だけが欲しがる代物とも思えないわ もう一度良く考えてみたらいいと思う」
チェシャ「うん……」
ベアトリクスはそう言うとその場から静かに立ち去った
しばらくしてチェシャもその重い腰を上げて宿へと向かうのであった







2015-06-06_00050.jpg
翌日の朝、二人はドール城の広場で時間通りに合流した
ベアトリクス「珍しく早いのね、こちらとしては一時間遅れは覚悟していたけど」
チェシャ「あんまり良く眠れなかったよ~」
ベアトリクス「それで、答えは出た?」
チェシャ「ヘルゲンのことは後で考えることにしたの で、設計図なんだけど、しょーぐんさんはいらないって言ってたけど職人さんはそうでもないかもって思ったの」
ベアトリクス「というと?」
チェシャ「鍛冶屋さん個人に見せたら買い取ってくれるかも」
2015-06-06_00051.jpg
2015-06-06_00055.jpg
こうして、わずかな希望を胸にソリチュードの鍛冶屋を訪ねることとなった
主であるベイランドは帝国軍と契約しており、武器、防具の開発、生産を任されている 
帝国軍がクロスボウを採用しているという情報が正しければ、それを開発したのも彼ということになる 
チェシャは恐る恐る設計図をベイランドに見せた
2015-06-06_00053.jpg
ベイランド「ふむ、この印と筆記は間違いなくグレイメーン家のものだな いいだろう、石頭の将軍に代わって買い取らせてもらおうか といっても用意できるのは1300セプティムまでだ それ以上は出せない」
2015-06-06_00054.jpg
チェシャ「わぁい!おじちゃんありがとー! 買ってくれるだけで十分だよぉ~」
ベイランド「このことは他の鍛冶屋には内緒で頼むぞ 特にグレイメーン本人にはな」
チェシャ「勿論だよ~」
投資額より多少少ないが、大幅に損失を埋めることができた
巨匠エオルンド・グレイメーンの技術という価値は職人の間では想像以上に高くつくらしい
一個人から1000を超える金貨を回収できるとはチェシャも予想していなかった 



2015-06-06_00059.jpg
なんとか設計図を売却し、大赤字を回避したチェシャは次なる商機を求め、ベアトリクスの公務に同行することを決めた
情報を得るにはやはり、市場、酒場、そして港の人間に話を聞く必要がある
ホワイトランに長く滞在している間、海路の情報は途絶えていたのでソリチュード港でそれを収集するのだ
2015-06-06_00060.jpg
ベアトリクス「帝国からの貨物船…名前はアイスランナー号だったかしら それが今日にも到着する予定らしいわ」
チェシャ「中身はなぁに?」
ベアトリクス「帝国からの補給物資と増援、それから帝国人の商人が何人か」
チェシャ「うわぁ、チェシャの敵さんだ」
ベアトリクス「相手の顔くらい見ておけば?いずれ取引相手になるかもしれないでしょ」
チェシャ「うん、そーする」
2015-06-06_00061.jpg
ソリチュード港に到着した2人だったが、目当ての貨物船らしき船舶は見当たらない
代わりに衛兵が慌しく動き回っており、ベアトリクスの姿を見つけると駆け寄ってきた
衛兵「大変です!昨夜から灯台の火が消えてしまって…今日到着予定の貨物船が行方不明に…」
ベアトリクス「火が消えた?灯台には見張りのカジートを雇っていたはずでしょう?」
衛兵「それが、確認に向かった兵士の話では、死体で見つかったと……火は誰かが消したとしか…」
2015-06-06_00062.jpg
チェシャ「えぇ~お船、沈んじゃったの?」
衛兵「わからん、どこかの海域に迷い込んで座礁してしまっているのかも とにかく今は救助部隊を編成するよう将軍に連絡を取っている最中です」
2015-06-06_00063.jpg
話を整理する中である光景が彼女の頭の中で蘇った
ベアトリクス「(……まさか)」
2015-05-30_00085.jpg
ベアトリクス「(昨日の2人…)」






2015-06-06_00064.jpg
?「……そう」
2015-06-06_00067.jpg
?「……そのまさかだよ」


次回、貨物船捜索回
お楽しみに~




スペシャルサンクス:廃人a様 (ベアトリクスさん)
今回もありがとうございます

 2015_06_20



更新しました(´-ω-`) 
夏の暑さにも負けぬ丈夫な体が欲しいです(´-ω-`)(早くも夏バテ


2015-05-30_00087.jpg
ソリチュードにある帝国軍の拠点ドール城では、ここ数日の間、胃がキリキリと痛む音が聞こえてくるかのような緊張した雰囲気が漂っていた
反乱軍の指導者であるウルフリックストームクロークを捕縛し、内戦もようやく終息するかと思われたその矢先、ドラゴンの突然の復活によって内戦は再び泥沼の戦いと化してしまった
ドーンスター、ウィンターホールド、リフテンとストームクロークを新たに支持する者たちも現れ、今やスカイリムを二分する大規模な戦いが各地で繰り広げられるようになった
最高指揮官であるティリウス将軍もこれには頭を悩ませていた
2015-05-30_00093.jpg
特使「ファルクリースでの防衛戦は我が軍が勝利を収めたようです 将軍」
ティリウス「ベアトリクスの部隊か 激戦の続く土地に自ら志願して向かうだけのことはあるな」
特使「南部は今のところ安定しています ですが、北軍はドーンスターから一時撤退しました」
ティリウス「となると次の奴らの狙いはホワイトランだ ここが敵の手に渡れば、ファルクリースもいずれ落ちる そうなれば首都も危ないな 協力して反乱軍と戦おうとバルグルーフ首長に手紙をおくれ」
特使「彼らは帝国軍を歓迎しません 依然として中立を宣言しています」
ティリウス「ホワイトランにとって、ストームクロークは脅威であるということを強調して彼に伝えるんだ 必要があれば手紙に嘘を盛り込んでも構わん」
特使「仰せのままに将軍」
今後の戦略の方針を大まかに決定したところで、将軍は一息ついた
2015-05-30_00088.jpg
ティリウス「…ところで、彼女はまだ見つからないのか…?」
特使「ホワイトランにそれらしき人物が居るという情報は入りました しかし、その後の行方がわかりません」
ティリウス「ドラゴンに襲われていなければいいんだが…ドラゴンでなくともここは危険となる脅威が多すぎる」
特使「一体何者です?彼女は」
2015-05-30_00090.jpg
ティリウス「シロディールにいる数少ない友人の娘だ 名はチェシャ・マリティーナ 本当はソリチュードで合流するはずが、私を追いかけてヘルゲンまで向かったらしい」
特使「チェシャ・マリティーナ…」
ティリウス「スカイリムに住むお前でも聞き覚えが?」
2015-05-30_00091.jpg
特使「いいえ、本人については何も しかし、彼女の母親はノルドですから存じております 最も、国を売った裏切り者としてですが」
ティリウス「ああ、母親については私も同じ意見だ 娘もあのような人物でないことを祈るよ 捜索は引き続き行ってくれ では、解散」 
特使たちは将軍の言葉とともにそれぞれの業務に取り掛かるのであった



2015-05-30_00049.jpg
2015-05-30_00050.jpg
ロリクステッドを出発したチェシャたちはソリチュード近くの農村であるドラゴンブリッジに到着していた
スカイリムでも一際横幅の広い大河とそれに掛かる大きな橋が特徴的な村だ
2015-05-30_00056.jpg
ここでは、首都ソリチュードへ食料と木材を生産して出荷している
戦略的な要所でもあるため、ただの農村にしては見回る軍人の数が多い
休憩がてら見物も兼ねて、村にある基地を訪ねることにしたチェシャであった
2015-05-30_00052.jpg
特使「わざわざ挨拶ご苦労ベアトリクス隊長 そして、そちらにいるのが例の捜索願の出ていた商人殿か」
チェシャ「そーさくねがい?」
特使「ホワイトランには情報が伝わっていなかったようだな ソリチュードから将軍の指示で青髪の商人を見つけたら保護するようにという命令が来ている」
2015-05-30_00058.jpg
チェシャ「え~チェシャ、お尋ね者になってたの~?」
特使「なんでも、”勝手に港から外に逃げ出した”と聞いているぞ 早くソリチュードまで向かうといい」
ベアトリクス「意外に有名人ね 貴女」
2015-05-30_00060.jpg
どうやら、良かれと思ってヘルゲンまで向かったことが混乱を招いてしまったらしい
急いで将軍と合流するため、再び馬車に乗り込む
道中、帝国軍とすれ違う機会も多くなってきた どうやら首都は目前のようだ
2015-05-30_00062.jpg
チェシャ「(…ドロボーさん?)」
2015-05-30_00061.jpg
タロス信仰者が罪人として帝国兵士に連行されていた
ノルドの多くはタロスを神として崇めていたが、前の大戦で彼らはその信仰の自由を奪われていた スカイリムの内戦のきっかけの一つである
チェシャ「(ま、どうでもいいや)」
2015-05-30_00063.jpg
しばらくの間、軍人たちと並列して道を進んでいると ついに厩が見えてきた
チェシャが初めてスカイリムで馬車を雇った場所だ 
チェシャ「この景色も久しぶりだね~」

2015-05-30_00068.jpg
城門前には人の形をしたネコたちがテントを張って何やら商売をしている
カジートキャラバンと呼ばれる行商人たちである
故郷を離れ、スカイリム中を歩き回って商売をしているのだが 彼らは街の中には入ることができない
2015-05-30_00067.jpg
カジートは姿も文化もモラルも人間とは大きく異なる
彼らはスクゥ-マと呼ばれる麻薬を販売しているのだ カジートには中毒性は少ないが、人間にとってはその体を蝕む危険な薬物だ
チェシャもカジート商人については学校で教わる機会はあったが、実際に見るのは初めてであった
2015-05-30_00069.jpg
兵士「全く、麻薬売りどもめ またこんなところで商売など…」
当然、兵士たちは彼らを見つけると必ず疑いの目を向ける スカイリムのどこでもこれは変わらない 
2015-05-30_00075.jpg
ベアトリクス「彼らもまた、危険を承知でここにいるわ 商売についてはよく知らないけど、今のスカイリムは大きな利益を生む可能性があるのでしょうね」
チェシャ「ということはチェシャの商売敵さんだね ネコさんたちにも負けないように頑張らなきゃ」
帝国人であるチェシャはカジートたちと違い、疑いの目を向けられることなく城門に伸ばすことができた
ギギギという錆びた鉄の音が響き、街の様子が視界に広がっていく
2015-05-30_00077.jpg
茜色の陽を受け、古風な建物が立ち並ぶ石の街がそこにあった
チェシャ「おお……」
2015-05-30_00082.jpg
チェシャ「やった~ やっと着いたね~」
ベアトリクス「予定より大分遅れてしまったけど ようこそソリチュードへ商人さん」
2015-05-30_00083.jpg
チェシャ「わぁい、早速観光だ~♪」
ホワイトランとはまた違う都会に興味津々なチェシャ
大戦からの復興が完了していない故郷のシロディールの街と違い、瓦礫一つない街
見渡せばいくつもの看板が立ち並び、それが購買欲を刺激する
2015-05-30_00085.jpg
一方で、華やかな街に似つかわしくない者たちの姿もあった
怪しげな雰囲気を漂わせるアルゴニアンの男、そして、海賊帽を被った女
2015-05-30_00081.jpg
??「アイスランナー号という船に────帝国の物資が────」
ジョディ「──灯台の火を──────」
??「ああ、誰かがそれをやってくれれば──────」
2015-05-30_00084.jpg
ベアトリクス「…観光もいいけど、将軍に会うのが先よ」
チェシャ「あ、そうだった~」
怪しげなふたりを見つめつつ、ベアトリクスはチェシャを連れて本部であるドール城へと向かった
ベアトリクス「(しばらくいない内に妙な連中がやってきたわね)」
2015-05-30_00094.jpg
チェシャ「こんばんは~ チェシャ・マリティーナでーす」
気の抜けた声がドール城に響くのであった



次回、ソリチュードで活動開始
今回もベアトリクスさんをお借りしております 廃人a様ありがとうございますヽ(´▽`)/







以下おまけ








2015-05-30_00096.jpg
2015-05-30_00098.jpg
2015-05-30_00101.jpg
2015-05-30_00103.jpg
2015-05-30_00102.jpg
2015-05-30_00106.jpg
2015-05-30_00107.jpg
2015-05-30_00110.jpg
2015-05-30_00109.jpg
2015-05-30_00111.jpg


おまけはあえてセリフなしでSSのみにしてみました
面倒くさかったというのもありますが、何もない方が逆に格好よかったりして(´-ω-`)


 2015_06_02


更新できました~(;・∀・)
戦闘シーンを撮影するのは楽しいのですが、いつもフォロワーさん無双の図しか撮ってない気がします
たまにはなにか違う感じで撮れないかな~ 苦戦してるところとか

2015-05-25_00002.jpg
砦を出発したチェシャと帝国軍一行
ソリチュードへ向かう途中、ホワイトラン領内の村であるロリクステッドに到着していた
2015-05-25_00003.jpg
ロリクステッドはスカイリムで最も作物が多く生産されている村である
農民たちの努力と幸運が重なり、何年もの間凶作を経験することはなかった
ホワイトランに多くの人間が集まり、商業都市として栄えていられるのは、この村から運ばれる食料のおかげでもある
2015-05-26_00001.jpg
昨日から機嫌の良くないチェシャは村に到着するやいなや、酒場の前で気だるく座り込んだ
それを見た護衛の帝国兵たちはまるで子供をあやすようにチェシャをなだめるのであった
2015-05-26_00002.jpg
帝国兵「まぁそう気を落とすなよお嬢ちゃん 俺たちや隊長がソリチュードまで無事に届けてやるからよ」
帝国兵「そーそー、傭兵なんて街まで行けばまたすぐに雇えるさ」
チェシャ「チェシャはあの二人がよかったの…折角、お仕事ちゃんとやってくれる人たちに会えたと思ったのに…」
帝国兵「傭兵なんてそんなもんさ 仕事が終わったらその給料で暮らして、金がなくなったらまた仕事して その繰り返しさ お嬢ちゃんみたいに一年中働くわけじゃない」
チェシャ「……」
2015-05-26_00005.jpg
会話の最中、兵士たちの後ろから声がかかる
ベアトリクス「いつまで油を売ってるのかしら貴方たち」
2015-05-26_00006.jpg
ベアトリクス「仕事よ」
2015-05-25_00005.jpg
反乱軍の鎮圧も勿論だが、スカイリムの村々の安全を守るのも軍人の役割である
山賊、野生動物、吸血鬼、ドラゴン…スカイリムの市民は常に危険に晒されている
各村ごとに何人か衛兵は配置されてはいるが、それでは人手が足りないということも多々あった
帝国兵「しかし、相手が巨人だなんて聞いてないぞ!」
2015-05-25_00009.jpg
帝国兵「怯むな!5人で攻撃すれば倒せるはずだ」
帝国兵「そっちに行ったぞ!囲め囲め!」
5人は見事な連携で巨人を攪乱し、追い詰めていった
日頃の訓練の賜物だろう 
2015-05-26_00009.jpg
しばらくして巨人はその動きを止め、地面に倒れた
チェシャ「おじちゃんたちもやるね~ 巨人さんと戦うのこわくないの?」
帝国兵「まぁな 怖くないわけじゃない けど、隊長が俺たちに任せたんだから倒せるはずだと思っていた だから戦えたんだ」
彼らは自信満々といった表情で応えた
2015-05-26_00008.jpg
チェシャ「隊長さんのこと信用してるの~?」
帝国兵「ああ」
チェシャ「なんで~?」
チェシャは彼らがベアトリクスの命令に素直に従っていることに疑問を覚えていた
単独で山賊の砦に突撃したりと突然無茶な行動に出たりもする彼女に、ついていけない兵士たちもいるはずだ
上官とはいえ、なぜこれほど信頼されているのか…チェシャは軍人であるベアトリクスの姿に商人としてのヒントを求めていた
2015-05-26_00010.jpg
帝国兵「うーん、なんでと言われてもなぁ…」



2015-05-26_00013.jpg
帝国兵「確かに隊長は単独で突撃するわ、負け戦でも喜んで参加するわと正直ついていけないところもある…」
2015-05-26_00014.jpg

2015-05-26_00017.jpg
帝国兵「でも、危険と感じたら俺たちを後方に待機させたり、戦闘に参加させるにしても今みたいに孤立した敵だけを狙わせたりって感じで 一応、俺たちのことを考えてくれてるみたいなんだ」
2015-05-26_00021.jpg
帝国兵「まぁ、あの人は俺たちが死んでも悲しんだりはしないだろうけど…」
帝国兵「死体の片付けと、飯作るのが仕事だって思われてそうだよな」
2015-05-25_00017.jpg
帝国兵「それにあの人は強いからな それも半端じゃなく」
帝国兵「そうそう、一緒にいたら絶対負けないんじゃないかってくらい」
2015-05-25_00018.jpg
帝国兵「だから、隊長と一緒にいれば生き残れそうな気がするんだ 俺たちにとってはその安心感が大事なんだ」
帝国兵「いつ死ぬかわからないこんな時代だしな」
2015-05-25_00016.jpg

2015-05-25_00025.jpg
帝国兵「今だって、巨人相手に笑顔で戦ってるんじゃないのかな? 隊長が負けるところ想像できないしな」 
2015-05-25_00022.jpg
帝国兵「まぁ、あれだ お嬢ちゃんも人に安心感を与えてやれば、傭兵だって、商人とだってもっと上手く付き合えるんじゃないか?」
2015-05-25_00027.jpg
帝国兵「お嬢ちゃん自身がドラゴン倒せるくらい強ければ問題ないんだがな~」
帝国兵「ハハハ、そりゃ無理だな」
2015-05-25_00033.jpg
チェシャ「……」
2015-05-25_00031.jpg
気がついたときには、チェシャは引き金を引いていた
既に瀕死の巨人であった チェシャが何もしなくてもベアトリクスがとどめを刺していただろう
ファルクリースではこのような荒事はミラとモニカたちに全て任せていた
常に命の危険というリスクを払いながら、それでも日々の生活のため戦う彼女たちの姿をチェシャは思い出していた


2015-05-26_00036.jpg
ロリクステッドを出発し、数時間が経った頃、街道に何かが倒れているのを見つけた
チェシャ「あれは…」
2015-05-26_00037.jpg
それはチェシャと同じ行商人の死体であった
ホワイトランまで移動中に何者かに襲われたのであろう
2015-05-26_00040.jpg
護衛と思われる人物の死体は見つからなかった
傭兵を雇わなかったのか、もしくは雇っていたとしても依頼人を見捨てて逃げるようなやつだったのか、それとも傭兵に裏切られて殺されてしまったのか
帝国兵「やれやれ、巨人の次は人間の弔いか」
チェシャは少し怯えた表情で、恐る恐る馬車へと近づいていった
2015-05-26_00041.jpg
するとベアトリクスが口を開いた
ベアトリクス「この時代に、この場所で生きるということはこういうことよ 商人さん」
チェシャ「…チェシャもこんな風になっちゃうの?」
ベアトリクス「身を守る力もない人間が、危険を予知せず、無謀な真似をすればそうなるでしょうね この夫婦のように、あの巨人のように…」
チェシャ「……」
2015-05-22_00031.jpg
ベアトリクス「あの傭兵の姉妹は600ゴールドよりも、自分の命を優先したわ 普通、大金を目の前にすれば多少危険でも契約するでしょうね でも、彼女たちはそうしなかった」
チェシャ「チェシャが危ないお仕事ばっかり押し付けるから?」
ベアトリクス「きっと彼女たちには夢があるのね それを叶えるために傭兵で金を稼いでいる…でも、死んでしまったら元も子もない だから常に考えているのよリスクと利益を天秤にかけて」
2015-05-26_00043.jpg
チェシャは死体をじっと見下ろし、しばらく考え込んでいた
人間は経済動物であり、カネこそが人間の生きる原動力なのだとチェシャは信じていた
しかし、このスカイリムではカネだけで人を動かすことはできないのだ
それほどまでに、この氷の大地では簡単に人が死ぬ
チェシャ「残酷だね…」
ベアトリクス「そうよ スカイリムは残酷なの」
2015-05-26_00053.jpg
チェシャは死体のそばにしゃがみこむとそのポケットを漁り、馬車の積荷を確認し始めた
チェシャ「隊長さん チェシャ、よくわかったよ……」
ベアトリクス「…」
チェシャ「でも、チェシャ負けないから 絶対生き残って、いっぱいお金稼いで、シロディールのお家に持って帰るんだ」
ベアトリクス「そう…」

地面に横たわる同業者の亡骸から、奪えるものは全て奪う
自分が亡者にならないために 覚悟を決めるチェシャであった
2015-05-26_00060.jpg
帝国兵「……それにしても、一体誰がこんな…」







2015-05-26_00028.jpg
場所は変わり、ここはソリチュード前の馬屋
今日も旅人がスカイリムの首都を訪れようと馬車でやってきた
2015-05-26_00029.jpg
男「お客さん、着いたよ ここがソリチュードだ」
2015-05-26_00030.jpg
「……ふぅ」
2015-05-26_00031.jpg
「流石に遠かったわね」
2015-05-26_00033.jpg
ジョディ「さぁて、ひと仕事しますか」


次回、ソリチュード到着
そして新たな出会いと戦いの予感?


今回もFlsah177様、廃人a様のフォロワーさんに出演していただきました
ありがとうございました(^O^)

 2015_05_26


更新ペースがまた遅くなってしまい申し訳ありません
理由は黒い砂漠に出張していたからです(キリッ
…はい、別ゲーに浮気せず、撮影をやっていきたいです(´ε`;)(でも九月にはMGS5が出るんだよなぁ…


※生首注意

2015-05-13_00001.jpg
ホニングブリュー養蜂園のカウンターには見かけない人物が一人立っていた
どうやら新しい従業員のようだ 養蜂園も経営が落ち着いてきたということなのか
それとも、前回のチェシャの大量の買い付けでスタッフを増やす余裕が出たのだろうか
なんにせよ、今回も大量の蜂蜜酒を仕入れる必要があるチェシャは再びここを訪れたのであった
チチ「いらっしゃいませ~」
チェシャ「…こんにちは」
2015-05-13_00004.jpg
以前と同じ条件で取引は淡々と進む 
帝国兵士に酒樽の運搬を任せると、チェシャは大きくため息をついた
サビョルン「気分がすぐれないようだな どうしたんだい?」
2015-05-13_00006.jpg
チェシャ「うーん?…なんでもないよ、なんでもない」






2015-05-13_00037.jpg
2015-05-13_00041.jpg
ソリチュードへ出発したのは既に空が赤く染まり始めた頃であった
数週間前、ドラゴンとの戦いで半壊した監視塔を通過しつつ、一行は先へと進む
しかし、そこにはフェザーショット姉妹の姿はない

2015-05-13_00023.jpg
ベアトリクス「やけに静かね さっきまであんなにはしゃいでいたのに」
2015-05-13_00026.jpg
チェシャ「……」






2015-05-22_00033.jpg
出発前のホワイトラン
ファルクリースでの取引の収益を計算し終えたチェシャはフェザーショット姉妹に契約金とボーナスを含めた600セプティムを袋詰めにして手渡していた
ミラ「598…599…600! 確かに受け取ったで」
チェシャ「お疲れ様~」
2015-05-22_00035.jpg
チェシャ「それでね~チェシャは今からソリチュードに行くから、またついて来てよ~」
ファルクリースへの旅を安全に進められたのは彼女たちのおかげだ
当然ソリチュードへの道のりも危険がつきまとうため、チェシャは再契約を申し込もうとする
2015-05-22_00037.jpg
モニカ「悪いけど、応じる気にはなれないわね」
しかし、きっぱりと断られてしまった
今まで調子よく取引を進めてきただけにチェシャは動揺を隠せない
2015-05-22_00027.jpg
というより、まさか断られるとは思っていなかったのだ
スカイリムに来てから想定外の事態が続いたこともあったが、今まで交渉事でうまくいかないことなどなかった
ある時は恐怖で心を縛り、ある時は恩を売り、そしてある時は扱う商品の規模で圧倒してきた
そんなチェシャが傭兵の契約一つ結べずにいる 
チェシャ「え…な、なんで~? チェシャ、お金たくさん払うよ? 半分までなら前金も用意できるよ?」
2015-05-22_00031.jpg
ミラ「チェーちゃん、お金の問題ちゃうねん ウチら報酬が手に入ったから当分はこれで生活できるし、わざわざ危険冒してソリチュードまで出張する必要もないんや」
モニカ「そういうこと 私たちの仕事はここで終わり 600ゴールドはありがたく頂戴するわね」

彼女たちはそう言い残し、ホワイトランへと帰っていった






2015-05-13_00039.jpg
ベアトリクス「さっきのことをまだ気にしているの? 傭兵の契約なんてあれが普通よ それに護衛ならここにいるじゃない」
チェシャ「…うるさいなぁ~気にしてなんかないよ~ それよりもうすぐ日が沈んじゃうよ?お宿はどうするのさ~」
あからさまに機嫌を悪くしながら返事をするチェシャ その目は何処か遠くの景色を見つめていた
2015-05-13_00049.jpg
ベアトリクス「宿…そうねえ…」
ベアトリクスもまた目の前に続く街道を見つめていた
そしてその視線の先にはひとつの砦
ベアトリクス「全員ここで待ってなさい」
彼女は部下にそう指示した後、一人砦へと走っていった
2015-05-14_00008.jpg
2015-05-14_00011.jpg
当然砦は山賊に占拠されてしまっていた
見張りの男が威勢良く脅しをかけてくる
山賊「へいへーい、姉ちゃん ここから先は近づくと危ないぜ?まぁ、逃がす気もないけど(ry」
ベアトリクス「邪魔よ」
2015-05-13_00074.jpg
山賊「おふっ!」
2015-05-13_00075.jpg
山賊「ふぎゃ!」
2015-05-13_00076.jpg
山賊「あべし!」
巨大な両手剣を片手で軽々と振り回すと、生首が三つ出来上がっていた
山賊たちには自分の首を跳ね飛ばした太刀筋を目で追うことすらできなかったであろう
2015-05-13_00079.jpg
山賊「(嘘…俺ら、もう出番終了?)」
2015-05-23_00007.jpg
ベアトリクス「宿ならこれでできたわ」
中で休憩中の山賊もひとり残らず殺し尽くすと、部下に片付けと掃除、食事の準備をさせるベアトリクス
チェシャは依然として、不機嫌そうな表情を浮かべながら暖炉の前に座り込んだ
2015-05-23_00010.jpg
ベアトリクス「護衛としての実力は今見せたとおりだけど、まだ何か不満かしら?」
2015-05-23_00009.jpg
チェシャ「……」
目の前で燃え盛る火を見つめながら、チェシャはポツリとつぶやいた
チェシャ「………だったの」
ベアトリクス「うん?」
チェシャ「チェシャの言うこと聞いてくれなかったのがイヤだったの! チェシャ、ちゃんとお金払うって言ったのに!」
そう叫ぶと、再び暖炉の前で黙り込んだ




2015-05-23_00013.jpg
ベアトリクス「(やれやれ…手間のかかるお嬢さんね)」
ベアトリクスは何も言わずに、チェシャの隣に座り込んだ
チェシャもそれを咎めることはせず、ただ黙り続けていた

パチパチという小枝の焼ける音だけが砦の中に鳴り響いていた


次回、ソリチュードへの本格的な旅が始まります
新キャラもまだ出るかも…?(´ε`;)

今回はFlsah177様、廃人a様のフォロワーさん そしてマルマ・ジロ様とミネルバ様の合作フォロワー、チチさんに出演していただきました
皆様ありがとうございますヽ(´▽`)/

 2015_05_23



07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

ベルルスコーニ

Author:ベルルスコーニ
PCゲームスカイリムにすっかり魅せられてしまい
ブログの作成までやってしまった新人ドヴァキンです
当ブログはリンクフリーであり、相互リンクは積極的に行っていきたいです
よろしくお願いしますm(_ _)m

訪問者数

検索フォーム

Twitter

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。