スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--

スカイリム行商記:第25話 裏切られた女





MGSが一息ついたので、また更新していきますよ~
キャラクターの苦痛の表情をどうやって表すかということについて色々試行錯誤していたら危ない性癖に目覚めそうになりました(元からなんですがね
詳しくはこちらのタンブラーをご覧ください ※R18


過激描写注意
(痛々しいです)


2015-06-21_00057.jpg
遭難した貨物船捜索のため、急遽救助部隊を編成することになったソリチュード衛兵たち
付近の海岸線を一日かけて探し回り、ようやく難破したアイスランナー号らしき船舶を発見したのであった
衛兵「こ、この死体は…」

2015-06-21_00058.jpg
衛兵「こいつら、帝国の兵士じゃありません このあたりに拠点を構える海賊どもでしょう」
ベアトリクス「そいつらは後回しよ 生存者は?」
衛兵「死体だけです 見当たりません」
2015-06-21_00059.jpg
ベアトリクス「(あのアルゴニアンとノルドの女の姿が見当たらない…)」
前日に見かけた怪しい二人組 証拠はないが、彼女の勘が犯人であると伝えていた
すでに逃げ出したのであろうか それとも、最初からここへは来ていなかったのか
ベアトリクス「船内の捜索に移りましょう」
2015-06-22_00003.jpg
内部を隈なく探し回ったが、生きているものは誰もいなかった
帝国兵、船員、そして海賊の亡骸が転がるだけのアイスランナー号
血と泥の入り混じった不快な匂いが船内を包んでいた
ベアトリクス「……妙ね、積荷と商人が見当たらない」
衛兵「まさか、すでに運び出されたとか」
ベアトリクス「そうだとしても、海賊の死体が少し多すぎるわ」
衛兵「分け前を巡って仲間割れでも起こしたのでは?」
2015-06-22_00004.jpg
衛兵「ところで、同行していた例の商人ですが、勝手に辺りをうろうろさせてよろしいのですか?」
ベアトリクス「放っておきなさい どうせ言っても聞かないから」
衛兵「はぁ…」





2015-06-06_00069.jpg
____数時間前_____
予定通り、アイスランナー号を座礁させ、積荷を略奪する海賊たち
そこへ一人の女が静かに歩み寄った
近くにいた男が彼女に尋ねる
海賊「灯台の火を消したのはお前か?」
ジョディ「そうよ」
男はニタニタと下品な笑みを浮かべて言った
海賊「よくやった ディージャは船内にいる 報酬は奴からもらうといい」
2015-06-21_00002.jpg
甲板には船員たちの死体が転がっていた
恐らく、この悪漢どもが皆殺しにしたのだろう
しかし、彼女にとってそれはどうでもよいことであった 
何食わぬ顔で船に足を踏み入れ、ディージャと呼ばれるリーダー格の人物を探す
2015-06-21_00005.jpg
ジョディ「アンタがディージャね ジャ・リ-ラから聞いてるわ」
船内の最奥にはアルゴニアンの女がなにやら積荷を漁っていた
ジャ・リーラとはジョディにこの仕事を持ちかけてきたアルゴニアンの男だ ただの山賊にしては中々頭が切れる人物で、今回の計画の首謀者である 信頼できるような男には見えなかったが、他に仕事がないのもまた事実であり、ジョディは計画の実行犯を引き受けたのだった
2015-06-21_00006.jpg
ディージャ「待っていたわ 流石は元闇の一党、今は盗賊ギルドの構成員だったかしら?」
2015-06-21_00008.jpg
ジョディ「昔の話よ それで、報酬は?」
金さえ手に入ればこんなところには用はない 積荷の行方にも興味はなく、すぐにでも退散する予定だった
2015-06-21_00009.jpg
ディージャ「報酬ならここにあるわ さぁ、受け取って」
ディージャがそう口を開くと、背後から音もなく男が忍び寄ってきた
2015-06-21_00012.jpg
男「遠慮なく受け取りな」
そのままジョディ目掛けて獲物を振り下ろす
2015-06-21_00016.jpg
男「ぐわぁああああ!!」
男の斧がジョディの体を切り裂くより一瞬早く、男の脇腹から鮮血が噴き出していた
ジョディ「全く、これだからアルゴニアンは嫌いなのよ」
2015-06-21_00019.jpg
ディージャ「残念だったわね 積荷は既に全部運び出した後さ」
さも当然のごとく裏切りの刃を向けたディージャたち 最初からジョディを利用するだけ利用して殺す算段だったのであろう
しかし、彼女たちの生きる世界ではこんなものは珍しくない まるで、最初から敵同士だったかのように刃を向け合う二人
2015-06-21_00018.jpg
ディージャ「せめて苦しまないように死なせてあげる」
鋭く尖った短刀がジョディの喉元目掛けて振り下ろされる
2015-06-21_00023.jpg
が、またしても一瞬早くジョディの剣がディージャの首を捉えた
頭を失ったディージャはそのまま膝から崩れ落ちた
2015-06-21_00066.jpg
ジョディ「ジャ・リーラ…私を騙すなんていい度胸ね……いつか必ず殺してやる」
2015-06-21_00026.jpg
2015-06-21_00028.jpg
騒ぎに気づいた海賊たちが怒号を上げて襲い掛かってくるが、蹴散らして進む
ジョディ「邪魔よ!」
ジャ・リーラへの復讐心を燃やすことよりも、まずは船から脱出するのが先だ
ジョディは船内を駆け上がり、扉を蹴破った
2015-06-21_00030.jpg
甲板にたどり着いたジョディは数人の男に取り囲まれていた
脱出するためには一度ここへ出るしかない 海賊たちは予め包囲網を敷いていたのだ
海賊「さぁ、今なら手足ぶった切る程度で許してやるぜ? どうするよ」
ジョディ「お断りよ さっさと退きなさい」
2015-06-21_00037.jpg
威勢よく戦いを挑んだのはいいが、四対一では分が悪い
遠距離から放たれる矢をかわしきることができず、肩に、腹に深々と突き刺さった
ジョディ「ぐっ…うぅ……」
2015-06-22_00019.jpg
海賊「おらぁ!死ねえ!!」
そして怯んだ所を一撃
体中が焼けるような熱さに襲われ、思わず膝をつきそうになるが気力で持ちこたえる
一人ずつ確実に剣で切り裂き、数を減らしていった
2015-06-21_00070.jpg
ジョディ「ハァハァ……うぅ…」
動くものがいなくなるまで戦い続け、勝利を収める頃には日が沈んでいた
出血は激しく、強烈な痛みと眩暈がジョディを襲う
しかし、休んでいる時間はない
2015-06-22_00023.jpg
兵士「おーい!誰か生きてるか!? いたら返事をしろ!!」
ジョディ「(…帝国兵? まずい)」
見つかれば確実に拘束される
良くて数年牢屋行き、悪ければ死刑で数日の間に首をはねられるであろう
残った体力を振り絞り、船から飛び降りる
2015-06-21_00074.jpg
海岸沿いを通って逃げることで、出血の跡を消して逃亡するジョディ
止血をしている暇もなかった 今はただ逃げ延びなければ その一心で足を動かした
2015-06-21_00042.jpg
しかし、当然それが長く続くはずもなくついに浜辺に倒れた
スカイリムの冷たい北風と海水が弱った体に容赦なく追い討ちをかける
再び立ち上がる力は残されていなかった
2015-06-21_00045.jpg
ジョディ「(寒い…もう……だめだ……)」
完全に死を受け入れたそのときであった
2015-06-22_00005.jpg
ジョディ「(…??)」
突然目の前に青白い光が照らされる
何が起こったのか確かめようと目だけを動かすが、眩しくて何も見えない
2015-06-22_00009.jpg
パキパキと氷を踏み割るような音が徐々に近づいてきた
青白い光によって視界は遮られているが、人の足音であると直感で悟った
ジョディ「(誰……?)」
2015-06-21_00053.jpg
チェシャ「ドロボーさん みっけ~♪♪」




次回、商人は海賊と再会する
お楽しみに~


スペシャルサンクス:廃人a様 (ベアトリクスさん)
今回もありがとうございます

スポンサーサイト

 2015_06_22

Comments

 

ジョディさんどうなる…!?(; ・`ω・´)
いなな  URL   2015-06-22 21:51  

おぉー! 

4対1・・ しかも飛び道具のある敵を倒すとは・・・!
なかなかの剛の者ではないですか!

でも、アルゴニアンきらいだったんですかw
フロッグとは手を組んだけど、仲間にする気はない。みたいなドライな関係で個人的には好きよ(°w°)b
でも、そこで戦うのは荒くれ者の海賊としての性・・かな。
そこは貴重品かっぱらって逃げるのも手よ~!(と盗賊は言うております
フロッグ  URL   2015-06-22 23:15  

 

元々のキャリアがキャリアなだけにキャプテンはお強いですな。
負傷しつつも全員排除するのはさすがとしか。
帝国兵には見つからなかったけどチェシャのお嬢ちゃんには見つかっちまったわけですが、どうなるんです……?
廃人a  URL   2015-06-23 00:11  

 

>>いなな様
コメントありがとうございます
今後の展開をお楽しみに!
>>フロッグ様
彼女がアサシンになりきれないところが出ていますね
戦闘が派手になりすぎるのと、退却するタイミングを逃してしまうのが彼女の悪い癖なのです
アルゴニアンは嫌いというより、彼女の生きる世界には信用ならないアルゴニアンが多いのです
>>廃人a様
いつもありがとうございます
盗賊にしては単純な戦闘力は高い方なのです
ある意味、帝国兵より厄介な相手に見つかってしまいましたが、今後の展開をどうぞお楽しみに
ベルルスコーニ  URL   2015-07-06 20:27  

 管理者にだけ表示を許可する


12  « 2017_03 »  01

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

ベルルスコーニ

Author:ベルルスコーニ
PCゲームスカイリムにすっかり魅せられてしまい
ブログの作成までやってしまった新人ドヴァキンです
当ブログはリンクフリーであり、相互リンクは積極的に行っていきたいです
よろしくお願いしますm(_ _)m

訪問者数

検索フォーム

Twitter

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。