上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


更新できました~(;・∀・)
戦闘シーンを撮影するのは楽しいのですが、いつもフォロワーさん無双の図しか撮ってない気がします
たまにはなにか違う感じで撮れないかな~ 苦戦してるところとか

2015-05-25_00002.jpg
砦を出発したチェシャと帝国軍一行
ソリチュードへ向かう途中、ホワイトラン領内の村であるロリクステッドに到着していた
2015-05-25_00003.jpg
ロリクステッドはスカイリムで最も作物が多く生産されている村である
農民たちの努力と幸運が重なり、何年もの間凶作を経験することはなかった
ホワイトランに多くの人間が集まり、商業都市として栄えていられるのは、この村から運ばれる食料のおかげでもある
2015-05-26_00001.jpg
昨日から機嫌の良くないチェシャは村に到着するやいなや、酒場の前で気だるく座り込んだ
それを見た護衛の帝国兵たちはまるで子供をあやすようにチェシャをなだめるのであった
2015-05-26_00002.jpg
帝国兵「まぁそう気を落とすなよお嬢ちゃん 俺たちや隊長がソリチュードまで無事に届けてやるからよ」
帝国兵「そーそー、傭兵なんて街まで行けばまたすぐに雇えるさ」
チェシャ「チェシャはあの二人がよかったの…折角、お仕事ちゃんとやってくれる人たちに会えたと思ったのに…」
帝国兵「傭兵なんてそんなもんさ 仕事が終わったらその給料で暮らして、金がなくなったらまた仕事して その繰り返しさ お嬢ちゃんみたいに一年中働くわけじゃない」
チェシャ「……」
2015-05-26_00005.jpg
会話の最中、兵士たちの後ろから声がかかる
ベアトリクス「いつまで油を売ってるのかしら貴方たち」
2015-05-26_00006.jpg
ベアトリクス「仕事よ」
2015-05-25_00005.jpg
反乱軍の鎮圧も勿論だが、スカイリムの村々の安全を守るのも軍人の役割である
山賊、野生動物、吸血鬼、ドラゴン…スカイリムの市民は常に危険に晒されている
各村ごとに何人か衛兵は配置されてはいるが、それでは人手が足りないということも多々あった
帝国兵「しかし、相手が巨人だなんて聞いてないぞ!」
2015-05-25_00009.jpg
帝国兵「怯むな!5人で攻撃すれば倒せるはずだ」
帝国兵「そっちに行ったぞ!囲め囲め!」
5人は見事な連携で巨人を攪乱し、追い詰めていった
日頃の訓練の賜物だろう 
2015-05-26_00009.jpg
しばらくして巨人はその動きを止め、地面に倒れた
チェシャ「おじちゃんたちもやるね~ 巨人さんと戦うのこわくないの?」
帝国兵「まぁな 怖くないわけじゃない けど、隊長が俺たちに任せたんだから倒せるはずだと思っていた だから戦えたんだ」
彼らは自信満々といった表情で応えた
2015-05-26_00008.jpg
チェシャ「隊長さんのこと信用してるの~?」
帝国兵「ああ」
チェシャ「なんで~?」
チェシャは彼らがベアトリクスの命令に素直に従っていることに疑問を覚えていた
単独で山賊の砦に突撃したりと突然無茶な行動に出たりもする彼女に、ついていけない兵士たちもいるはずだ
上官とはいえ、なぜこれほど信頼されているのか…チェシャは軍人であるベアトリクスの姿に商人としてのヒントを求めていた
2015-05-26_00010.jpg
帝国兵「うーん、なんでと言われてもなぁ…」



2015-05-26_00013.jpg
帝国兵「確かに隊長は単独で突撃するわ、負け戦でも喜んで参加するわと正直ついていけないところもある…」
2015-05-26_00014.jpg

2015-05-26_00017.jpg
帝国兵「でも、危険と感じたら俺たちを後方に待機させたり、戦闘に参加させるにしても今みたいに孤立した敵だけを狙わせたりって感じで 一応、俺たちのことを考えてくれてるみたいなんだ」
2015-05-26_00021.jpg
帝国兵「まぁ、あの人は俺たちが死んでも悲しんだりはしないだろうけど…」
帝国兵「死体の片付けと、飯作るのが仕事だって思われてそうだよな」
2015-05-25_00017.jpg
帝国兵「それにあの人は強いからな それも半端じゃなく」
帝国兵「そうそう、一緒にいたら絶対負けないんじゃないかってくらい」
2015-05-25_00018.jpg
帝国兵「だから、隊長と一緒にいれば生き残れそうな気がするんだ 俺たちにとってはその安心感が大事なんだ」
帝国兵「いつ死ぬかわからないこんな時代だしな」
2015-05-25_00016.jpg

2015-05-25_00025.jpg
帝国兵「今だって、巨人相手に笑顔で戦ってるんじゃないのかな? 隊長が負けるところ想像できないしな」 
2015-05-25_00022.jpg
帝国兵「まぁ、あれだ お嬢ちゃんも人に安心感を与えてやれば、傭兵だって、商人とだってもっと上手く付き合えるんじゃないか?」
2015-05-25_00027.jpg
帝国兵「お嬢ちゃん自身がドラゴン倒せるくらい強ければ問題ないんだがな~」
帝国兵「ハハハ、そりゃ無理だな」
2015-05-25_00033.jpg
チェシャ「……」
2015-05-25_00031.jpg
気がついたときには、チェシャは引き金を引いていた
既に瀕死の巨人であった チェシャが何もしなくてもベアトリクスがとどめを刺していただろう
ファルクリースではこのような荒事はミラとモニカたちに全て任せていた
常に命の危険というリスクを払いながら、それでも日々の生活のため戦う彼女たちの姿をチェシャは思い出していた


2015-05-26_00036.jpg
ロリクステッドを出発し、数時間が経った頃、街道に何かが倒れているのを見つけた
チェシャ「あれは…」
2015-05-26_00037.jpg
それはチェシャと同じ行商人の死体であった
ホワイトランまで移動中に何者かに襲われたのであろう
2015-05-26_00040.jpg
護衛と思われる人物の死体は見つからなかった
傭兵を雇わなかったのか、もしくは雇っていたとしても依頼人を見捨てて逃げるようなやつだったのか、それとも傭兵に裏切られて殺されてしまったのか
帝国兵「やれやれ、巨人の次は人間の弔いか」
チェシャは少し怯えた表情で、恐る恐る馬車へと近づいていった
2015-05-26_00041.jpg
するとベアトリクスが口を開いた
ベアトリクス「この時代に、この場所で生きるということはこういうことよ 商人さん」
チェシャ「…チェシャもこんな風になっちゃうの?」
ベアトリクス「身を守る力もない人間が、危険を予知せず、無謀な真似をすればそうなるでしょうね この夫婦のように、あの巨人のように…」
チェシャ「……」
2015-05-22_00031.jpg
ベアトリクス「あの傭兵の姉妹は600ゴールドよりも、自分の命を優先したわ 普通、大金を目の前にすれば多少危険でも契約するでしょうね でも、彼女たちはそうしなかった」
チェシャ「チェシャが危ないお仕事ばっかり押し付けるから?」
ベアトリクス「きっと彼女たちには夢があるのね それを叶えるために傭兵で金を稼いでいる…でも、死んでしまったら元も子もない だから常に考えているのよリスクと利益を天秤にかけて」
2015-05-26_00043.jpg
チェシャは死体をじっと見下ろし、しばらく考え込んでいた
人間は経済動物であり、カネこそが人間の生きる原動力なのだとチェシャは信じていた
しかし、このスカイリムではカネだけで人を動かすことはできないのだ
それほどまでに、この氷の大地では簡単に人が死ぬ
チェシャ「残酷だね…」
ベアトリクス「そうよ スカイリムは残酷なの」
2015-05-26_00053.jpg
チェシャは死体のそばにしゃがみこむとそのポケットを漁り、馬車の積荷を確認し始めた
チェシャ「隊長さん チェシャ、よくわかったよ……」
ベアトリクス「…」
チェシャ「でも、チェシャ負けないから 絶対生き残って、いっぱいお金稼いで、シロディールのお家に持って帰るんだ」
ベアトリクス「そう…」

地面に横たわる同業者の亡骸から、奪えるものは全て奪う
自分が亡者にならないために 覚悟を決めるチェシャであった
2015-05-26_00060.jpg
帝国兵「……それにしても、一体誰がこんな…」







2015-05-26_00028.jpg
場所は変わり、ここはソリチュード前の馬屋
今日も旅人がスカイリムの首都を訪れようと馬車でやってきた
2015-05-26_00029.jpg
男「お客さん、着いたよ ここがソリチュードだ」
2015-05-26_00030.jpg
「……ふぅ」
2015-05-26_00031.jpg
「流石に遠かったわね」
2015-05-26_00033.jpg
ジョディ「さぁて、ひと仕事しますか」


次回、ソリチュード到着
そして新たな出会いと戦いの予感?


今回もFlsah177様、廃人a様のフォロワーさんに出演していただきました
ありがとうございました(^O^)

スポンサーサイト
 2015_05_26


更新ペースがまた遅くなってしまい申し訳ありません
理由は黒い砂漠に出張していたからです(キリッ
…はい、別ゲーに浮気せず、撮影をやっていきたいです(´ε`;)(でも九月にはMGS5が出るんだよなぁ…


※生首注意

2015-05-13_00001.jpg
ホニングブリュー養蜂園のカウンターには見かけない人物が一人立っていた
どうやら新しい従業員のようだ 養蜂園も経営が落ち着いてきたということなのか
それとも、前回のチェシャの大量の買い付けでスタッフを増やす余裕が出たのだろうか
なんにせよ、今回も大量の蜂蜜酒を仕入れる必要があるチェシャは再びここを訪れたのであった
チチ「いらっしゃいませ~」
チェシャ「…こんにちは」
2015-05-13_00004.jpg
以前と同じ条件で取引は淡々と進む 
帝国兵士に酒樽の運搬を任せると、チェシャは大きくため息をついた
サビョルン「気分がすぐれないようだな どうしたんだい?」
2015-05-13_00006.jpg
チェシャ「うーん?…なんでもないよ、なんでもない」






2015-05-13_00037.jpg
2015-05-13_00041.jpg
ソリチュードへ出発したのは既に空が赤く染まり始めた頃であった
数週間前、ドラゴンとの戦いで半壊した監視塔を通過しつつ、一行は先へと進む
しかし、そこにはフェザーショット姉妹の姿はない

2015-05-13_00023.jpg
ベアトリクス「やけに静かね さっきまであんなにはしゃいでいたのに」
2015-05-13_00026.jpg
チェシャ「……」






2015-05-22_00033.jpg
出発前のホワイトラン
ファルクリースでの取引の収益を計算し終えたチェシャはフェザーショット姉妹に契約金とボーナスを含めた600セプティムを袋詰めにして手渡していた
ミラ「598…599…600! 確かに受け取ったで」
チェシャ「お疲れ様~」
2015-05-22_00035.jpg
チェシャ「それでね~チェシャは今からソリチュードに行くから、またついて来てよ~」
ファルクリースへの旅を安全に進められたのは彼女たちのおかげだ
当然ソリチュードへの道のりも危険がつきまとうため、チェシャは再契約を申し込もうとする
2015-05-22_00037.jpg
モニカ「悪いけど、応じる気にはなれないわね」
しかし、きっぱりと断られてしまった
今まで調子よく取引を進めてきただけにチェシャは動揺を隠せない
2015-05-22_00027.jpg
というより、まさか断られるとは思っていなかったのだ
スカイリムに来てから想定外の事態が続いたこともあったが、今まで交渉事でうまくいかないことなどなかった
ある時は恐怖で心を縛り、ある時は恩を売り、そしてある時は扱う商品の規模で圧倒してきた
そんなチェシャが傭兵の契約一つ結べずにいる 
チェシャ「え…な、なんで~? チェシャ、お金たくさん払うよ? 半分までなら前金も用意できるよ?」
2015-05-22_00031.jpg
ミラ「チェーちゃん、お金の問題ちゃうねん ウチら報酬が手に入ったから当分はこれで生活できるし、わざわざ危険冒してソリチュードまで出張する必要もないんや」
モニカ「そういうこと 私たちの仕事はここで終わり 600ゴールドはありがたく頂戴するわね」

彼女たちはそう言い残し、ホワイトランへと帰っていった






2015-05-13_00039.jpg
ベアトリクス「さっきのことをまだ気にしているの? 傭兵の契約なんてあれが普通よ それに護衛ならここにいるじゃない」
チェシャ「…うるさいなぁ~気にしてなんかないよ~ それよりもうすぐ日が沈んじゃうよ?お宿はどうするのさ~」
あからさまに機嫌を悪くしながら返事をするチェシャ その目は何処か遠くの景色を見つめていた
2015-05-13_00049.jpg
ベアトリクス「宿…そうねえ…」
ベアトリクスもまた目の前に続く街道を見つめていた
そしてその視線の先にはひとつの砦
ベアトリクス「全員ここで待ってなさい」
彼女は部下にそう指示した後、一人砦へと走っていった
2015-05-14_00008.jpg
2015-05-14_00011.jpg
当然砦は山賊に占拠されてしまっていた
見張りの男が威勢良く脅しをかけてくる
山賊「へいへーい、姉ちゃん ここから先は近づくと危ないぜ?まぁ、逃がす気もないけど(ry」
ベアトリクス「邪魔よ」
2015-05-13_00074.jpg
山賊「おふっ!」
2015-05-13_00075.jpg
山賊「ふぎゃ!」
2015-05-13_00076.jpg
山賊「あべし!」
巨大な両手剣を片手で軽々と振り回すと、生首が三つ出来上がっていた
山賊たちには自分の首を跳ね飛ばした太刀筋を目で追うことすらできなかったであろう
2015-05-13_00079.jpg
山賊「(嘘…俺ら、もう出番終了?)」
2015-05-23_00007.jpg
ベアトリクス「宿ならこれでできたわ」
中で休憩中の山賊もひとり残らず殺し尽くすと、部下に片付けと掃除、食事の準備をさせるベアトリクス
チェシャは依然として、不機嫌そうな表情を浮かべながら暖炉の前に座り込んだ
2015-05-23_00010.jpg
ベアトリクス「護衛としての実力は今見せたとおりだけど、まだ何か不満かしら?」
2015-05-23_00009.jpg
チェシャ「……」
目の前で燃え盛る火を見つめながら、チェシャはポツリとつぶやいた
チェシャ「………だったの」
ベアトリクス「うん?」
チェシャ「チェシャの言うこと聞いてくれなかったのがイヤだったの! チェシャ、ちゃんとお金払うって言ったのに!」
そう叫ぶと、再び暖炉の前で黙り込んだ




2015-05-23_00013.jpg
ベアトリクス「(やれやれ…手間のかかるお嬢さんね)」
ベアトリクスは何も言わずに、チェシャの隣に座り込んだ
チェシャもそれを咎めることはせず、ただ黙り続けていた

パチパチという小枝の焼ける音だけが砦の中に鳴り響いていた


次回、ソリチュードへの本格的な旅が始まります
新キャラもまだ出るかも…?(´ε`;)

今回はFlsah177様、廃人a様のフォロワーさん そしてマルマ・ジロ様とミネルバ様の合作フォロワー、チチさんに出演していただきました
皆様ありがとうございますヽ(´▽`)/

 2015_05_23





更新しました(´∀`)
今回は今までの中途半端にしていたチェシャとNPCたちとの取引のまとめ回です
特に進展はないですが、無駄に撮影を凝ったせいで時間ばかりかかってしまいました(´-ω-`)



2015-05-08_00005.jpg
帝国軍と接触した翌朝、チェシャは再びベアトリクスによって司令部に呼び出されていた
寝坊によって予定より二時間ほど遅刻したにもかかわらず、悪びれる素振りも一切なくやってくるチェシャの姿に早速ある種の尊敬の念すら抱き始める特使であった
2015-05-08_00006.jpg
特使「…ふむふむ、君はテュリウス将軍に会うためにスカイリムへとやってきたのか で、ヘルゲンでの騒動が落ち着いたので、将軍が今どこにいるか情報を得るためにファルクリースに?」
チェシャ「うん、ホワイトランには帝国軍さんはいなかったよ~」
チェシャの滞在していたホワイトランは中立都市のため、帝国軍も反乱軍も常駐していない
ハチミツ酒交易でファルクリースを訪れたのは帝国兵士からテュリウス将軍の居場所を聞き出すためでもあったのだ
特使「テュリウス将軍なら、無事ソリチュードへ帰還を果たしたそうだ 丁度いい、こちらも本部に援軍要請しようと思っていたところなんだ そこにいるベアトリクスと一緒に今すぐ首都へと向かってくれ、いいね?」
2015-05-08_00007.jpg
チェシャ「いやだ!!」
特使「えぇ……」


2015-05-08_00004.jpg
昼間のファルクリースには荷車を大量に並べて鍛冶屋の前で待機する兵士たちの姿があった
結局チェシャのわがままによって、兵士たちはソリチュードへ向かう前に商品の買い付けに付き合わされることになったのだ
しかも、「兵士さんが手伝ってくれればお買い物はすぐに終わるんだけどな~」というチェシャの言葉を信じた特使の命令によって、荷物運びまでさせられることになった男たち
勿論、大量の商品の仕入れがほんの1,2時間で終わるはずもない
ましてや、ファルクリースでの取引だけで終わらせる気などチェシャには毛頭ない
チェシャ「(ここでのお買い物だけで済ませるとはいってないよ~)」
2015-05-06_00006.jpg
ファルクリースは木材と野生動物が特産品である
つまり質の良い弓矢を大量に生産できるのだ それを知ったチェシャは早速鍛冶屋へと足を運んだ
ロッド「おや、団体さんだね いらっしゃい」
2015-05-06_00008.jpg
チェシャ「おじちゃん、チェシャに矢を売ってちょーだい」
ロッド「ああいいとも、ウチで作ってるのは質が良いぞ シカだろうがトロールだろうが確実に仕留める一級品さ で、何本欲しい?」
2015-05-06_00009.jpg
チェシャ「全部♪」


2015-05-08_00019.jpg
場所は変わってここはリバーウッド
昨日のうちに周辺の山賊は掃討され、残りのゴロツキどもの居場所も把握しているため安全にここまでたどり着いた
その山賊から奪い取った戦利品を売却すべく、チェシャは以前から目をつけていたリバーウッドトレーダーを訪ねた
帝国兵「(あれ…買い物ってさっきので終わりじゃないのか…?)」
2015-05-06_00013.jpg
チェシャ「ルーカンおじちゃん、おひさしぶり~」
ルーカン「やぁ、誰かと思えばあの時の同族さんか ドラウグルにやられたって聞いてたが大丈夫か?」
チェシャ「あの時は油断しちゃったけど、もう大丈夫だよ!」
2015-05-06_00015.jpg
チェシャ「それでね~ チェシャ、山賊さんいっぱいやっつけたから、その戦利品を買い取って欲しいんだ」
ルーカン「ああ、いいとも 金の爪を取り返してきてくれた礼もあるしな 言い値で買おう」
チェシャ「ホント!? やった~」
2015-05-06_00027.jpg
チェシャ「じゃあ、ここにあるやつ全部買ってね♪」
ルーカン「……」


2015-05-09_00005.jpg
そしてホワイトランへとたどり着いた一行
ルーカンが半泣きしながら手渡した金貨を持って、チェシャは市場へと駆け込んだ
2015-05-09_00009.jpg
チェシャ「おお~、なんか前より街が綺麗になってる~」
※Tamriel Reloadedを導入しました
帝国兵「(まだ働かせる気か……)」
2015-05-06_00033.jpg
ソリチュードはスカイリムの首都であり、裕福な者も多い
彼らに向けて販売できる商品を探していると、一つの露店が目にとまった
フラリア・グレイメーン「そこのお嬢さん、ピカピカのアクセサリーはいかが? どれもエオルンド・グレイメーンの作品だよ」
チェシャ「へー、あのおじいちゃん こんなのも作れるんだ」
フラリア「うちの旦那は最高の巨匠だからね、おひとついかが(ry」
チェシャ「全部ちょうだい♪」
2015-05-06_00036.jpg
まだまだチェシャの”買い物”は終わらない
続いて、狩人向けの商品を販売する”酔いどれハンツマン”を訪れたチェシャは早速ファルクリースで仕入れた弓矢を売り込む
ホワイトランはドラゴン対策で弓兵を数多く動員したが、その分矢の消費量が激しいのだ
エルリンドル「いらっしゃい、どうぞ見ていって(ry」
チェシャ「これ全部買って♪」
2015-05-09_00007.jpg
ミラ「チェーちゃん、やることが派手やな~ おまけに荷物運びは全部おっちゃんたちがやってくれるから、楽でええな」
モニカ「軍人も商人も皆あの子に振り回されてるわ……」


2015-05-06_00040.jpg
ファルクリース、リバーウッド、ホワイトランでの取引を一通り済ませ、残る最後の用事を片付けるため、スカイフォージへと続く階段を駆け上がった
初めて会った時と同じように、エオルンド・グレイメーンは黙々と作業を行っていた
チェシャ「おじいちゃーん」
2015-05-06_00041.jpg
エオルンド「…今は仕事中だ」
チェシャ「おじいちゃん、チェシャのくろすぼーと鎧は?」
エオルンド「そこに置いてある 今忙しいから勝手に取っていけ」
2015-05-06_00043.jpg
エオルンド「全く、武器も鎧も黒コゲにして持ってきたときは驚いたぞ 今度は丁寧に扱えよ」
チェシャ「えへへ、ごめんごめん」
エオルンド「約束通り、試作品第一号と設計図はくれてやるよ 投資してくれた礼だ それから弾も用意しておいたぞ」
チェシャ「わぁい、ありがとーおじいちゃん」
2015-05-06_00046.jpg
チェシャ「それでね、おじいちゃんにまた頼みがあるんだ~」
エオルンド「またか…言っておくが俺はなんでも屋じゃないぞ」
チェシャ「そんな難しいことじゃないよ~ ホントだよ~」
2015-05-06_00048.jpg
チェシャ「それに、多分おじいちゃんにとってもいい話だと思うよ」
エオルンド「…まぁ話だけなら聞いてやろう」
2015-05-09_00028.jpg
ベアトリクス「(エオルンド・グレイメーンまで良いように使われるとはね…)」



2015-05-09_00014.jpg
その頃、チェシャの”買い物”によって混乱する市場に、首長と衛兵たちが駆けつけていた
バルグルーフ「帝国軍人が突然やってきたと聞いて急いで来てみれば…まさかチェシャの仕業とはな」
テスラ「いつの間にか兵士さんと知り合いになっちゃったんですね」
度葉琴「どうするんですか首長 ホワイトランは中立ですから、あんまり帝国の人が街をうろつくのはまずいんじゃ…」
2015-05-09_00015.jpg
バルグルーフ「少し様子を見る 彼女が今後も帝国と良い関係を築いていくのであれば、こちらとしてもうまく利用させてもらうとしよう」
そう言って、バルグルーフは厳しい表情を浮かべつつ、市場を見下ろすのであった



次回に続きます
今回も多くのフォロフォロさんに出演していただいております
Flash177様、廃人a様、RoundRovin様、みかんジュース様 
いつもありがとうございます(´∀`)
この物語はご覧のスポンサーの皆様の(フォロワーMODの)提供でお送りしました

 2015_05_09



04  « 2015_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

ベルルスコーニ

Author:ベルルスコーニ
PCゲームスカイリムにすっかり魅せられてしまい
ブログの作成までやってしまった新人ドヴァキンです
当ブログはリンクフリーであり、相互リンクは積極的に行っていきたいです
よろしくお願いしますm(_ _)m

訪問者数

検索フォーム

Twitter

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。