上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


12/25の夜は皆さん予定があるみたいで羨ましいですね~
私ですか? 実家に帰ってブログ記事製作ですよ
クリスマスということで番外編を作成しました


2014-12-22_00021.jpg
きっかけはドラゴンの襲撃であった
”サンタクロース、スカイリム上空を移動中にドラゴンに撃墜される” 
この知らせがスカイリム中を駆け巡ったのは聖夜が訪れる数日前であった
今年は良い子にしていてもプレゼントは来ない・・・子供だけでなく、大人たちもこの暗い知らせに絶望の表情を浮かべた
しかし、その時チェシャに電流走るッ…!!

2014-12-23_00001.jpg
チェシャ「おお~木が光ってる~」
2014-12-23_00002.jpg
クリスマス当日、そこには荷台いっぱいにドーナツと蜂蜜酒を積んで市場へと向かうチェシャの姿があった
聖夜だというのに今年のクリスマスは静かなものである 
当然だ、プレゼントを配るサンタのいないクリスマスなどただのくっそ寒いだけの真冬の一日に過ぎない
大人はともかくとして、子供たちはどう楽しく過ごせというのか
市場はいつもの変わらぬ顔ぶれと変わらぬ雰囲気であった
それでも、イルミネーションは行われたらしく、市場の木は白く輝いていた 違いといえばその程度だ
2014-12-23_00003.jpg
そんな市場の仕事終わりに酒でも飲もうかとバナードメアに集まった市民たちにチェシャは声をかけた
チェシャ「ドーナツと蜂蜜酒はいかがですか~ 聖夜仕様の特別品だよ~」
その声に市場がざわつき始める
2014-12-23_00005.jpg
チェシャ「ヘイ! そこのノルドのおじちゃん、暗い顔してるね~ ドーナツでも買ってかない?それとも蜂蜜酒で一杯やるのがいい?」
ジョン「お前さん知らないのか・・・? サンタがドラゴンにやられたんだとよ 今年はとても祝う気にはなれないぜ」
チェシャ「そんなおじちゃんにおすすめの商品があるよ 実はこの蜂蜜酒、飲むととっても気分が良くなっていい夢が見られるんだ おじちゃんもこれを飲んで今年の聖夜の暗い気分をふっとばそうよ~」
ジョン「なに、そんな効果があるのか…いつもはバナードメアで酒は買うんだが……一本くれるか?」
チェシャ「さらにさらに、このドーナツを食べると来年のクリスマスは幸せが訪れるよ~
ジョン「なに?来年の?」
チェシャ「うん、今年はこんなクリスマスだからこそ、みんなで来年は楽しく祝おうよ~」
ジョン「そうか…来年か……」
チェシャ「因みにセットで買うと20ゴールド安くなるよ」
ジョン「よし買った! これで来年のクリスマスこそは楽しく過ごせるぜ」
チェシャ「まいどあり~」(ちょろいもんだわ
早速、”ただのドーナツと少々アルコール度数の高いハチミツ酒”は売れた
ノルドというのは本当に単純である 
そもそも、クリスマスだろうがなんだろうが酒飲んで歌い踊るのはいつもとやること変わらないだろとツッコミたくなるチェシャであった
2014-12-23_00006.jpg
チェシャ「ヘーイ、レッドガードのにーちゃーん ハチミツ酒買ってく~?」
アムレン「聞いたぜ、飲むといい夢見れるんだってな 俺にも売ってくれ」
チェシャ「セットでドーナツ買うと安いよ~」
アムレン「そうだな……今年はプレゼントも来ないから娘も泣いてたんだよなぁ…よし、土産にお菓子でも買っていってやるか ドーナツを3つほどつけてくれ」
チェシャ「ありがと~」
家族思いのレッドガードも娘へのプレゼント代わりにドーナツを買っていった
2014-12-23_00007.jpg
衛兵「こんな日に商売とは恐れ入ったよ」
衛兵「正直、今年のクリスマスは物売るってレベルじゃねーぞ」(自粛ムード的な意味で
チェシャ「まーまー、そう落ち込まないでよ 衛兵のおじちゃんたち~ 今日も夜勤だということに対する嘆きと、独り身の寂しさを思うと気持ちはわかるけどさ~」
衛兵「おまっ、傷口えぐるのはやめロッテ!」
2014-12-23_00009.jpg
チェシャ「お仕事中のお酒はだめでもドーナツならいいでしょ? これ食べると来年の今日幸せになれるよ」
衛兵ズ「本当か!? これを食えば来年は彼女ができて、その子と一緒にイチャイチャできるのか! よし買う!!」
チェシャ「まいどあり~、夜勤がんばってね~」
チェシャは必死に笑いをこらえながら道行く衛兵たちにドーナツを売りさばいた
2014-12-23_00010.jpg
その後も客足が途絶えることはなかった
エイドリアン「今日はまだまだ飲むわよ~」
エイドリアンが夫婦二人で夜を飲み明かす気らしく、ハチミツ酒を買っていき…
2014-12-23_00011.jpg
物乞いのブレナインが冷やかしにやってきた
ブレナイン「ドーナツを恵んでくれないか?」
チェシャ「金がないなら来るなー」(迫真
2014-12-23_00012.jpg
そしてなんか変な男も来た
ナゼ-ム「雲地区には頻繁に行くのか? おっと馬鹿な質問だったな、もちろん行かないに決まってる」
チェシャ「なにいってだこのオヤジ」
ナゼーム「だよな、俺も自分で言ってて思ったわ」
ナゼーム「ところでハチミツ酒をくれ」
チェシャ「ドーナツつけると安いよ~」
ナゼーム「じゃあ、それもくれ」
チェシャ「まいどあり~」
2014-12-23_00013.jpg
そして、商人イソルダも小銭の入った袋を片手にやってきた
イソルダ「50個くらいまとめて買ったら安くしてもらえない?」
チェシャ「流石に多すぎるよ~ 」
イソルダ「使えないわね~それじゃ、転売できないじゃないのよ」
チェシャ「出、出~転売厨~www 時事ネタはやめなよ~」
イソルダ「(転売しちゃ)いかんのか? まぁ今回は10個ほどにしておくわ あと、ハチミツ酒も1本つけて、安くしなさいよね」
チェシャ「ヘーイ」
2014-12-23_00014.jpg
グレイメーン家も商品を買いにやってきた
アヴルスタイン「来年も家族が幸せでありますように そしてアンタもな」
ドーナツ、ハチミツ酒共に大量に購入していった
2014-12-23_00015.jpg
チェシャ「ありがと~」(たくさん買ってくれて
なんだかんだでドーナツ、ハチミツ酒は飛ぶように売れた 売れすぎてバナードメアの営業妨害になってしまっているくらいだ
しかし、チェシャにとっては知ったことではない
チェシャ「さーて、頑張ってドラゴンズリーチの方にも売りに行かないと」
そう思った頃であった
2014-12-23_00016.jpg
度葉琴「あっ、チェシャさん まだドーナツ残ってる?」
チェシャ「残りはわずかだよ~」(キタキタ~
度葉琴「イリレスさんとファレンガーさんに買ってくるよう頼まれちゃって…」
チェシャ「今ならハチミツ酒もつけると安いよ~」
度葉琴「流石に勤務中にお酒はちょっと…」
すでに、噂は宮廷の方にも伝わっていたようだ 
階段を上って売り込みに行く手が省けて得した気分になったチェシャであった
2014-12-23_00017.jpg
度葉琴「それでね、バルグル-フ首長がその肩の人形がほしいって言ってたよ」
チェシャ「えっ?これ?」
テスラ「サンタさんが来ないから息子さんにおもちゃを買ってあげたいんだってさ」
チェシャ「首長さんのためならタダであげるよ~」
テスラ「チェシャちゃんいいの?首長さんからなら少し高く値をつけても買ってもらえそうだけど…」
チェシャ「(もう充分他の人から毟り取ったから)別にいいよ、お人形くらい」
度葉琴「チェシャさん優しいですね~」
そういうわけでこの日の売り上げは上々、バルグルーフにも更に恩を売ることもできたチェシャであった
2014-12-23_00018.jpg
ちなみに翌朝、彼女の乗った馬車が逃げるように街を離れたのは言うまでもない……




今回もスペシャルゲストにお越しいただきました
みかんジュース様 RoundRovin様 いつもありがとうございます


では皆様メリークリスマス

スポンサーサイト
 2014_12_25



11  « 2014_12 »  01

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

ベルルスコーニ

Author:ベルルスコーニ
PCゲームスカイリムにすっかり魅せられてしまい
ブログの作成までやってしまった新人ドヴァキンです
当ブログはリンクフリーであり、相互リンクは積極的に行っていきたいです
よろしくお願いしますm(_ _)m

訪問者数

検索フォーム

Twitter

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。